ひらののトピックス/2007年4月 御田植神事・予告編
今年もやります!
昨年の5月号で取材しました「御田植神事in 杭全神社」の時期が近づいて参りました!



  今年は4月13日(金)午後2時ごろから開始であります。(13日の金曜日て・・・)
昨年より本誌編集長 大谷が主役であるシテ役を務めますこの神事、その歴史は古く、800有余年とも伝えられております。
「平野の町づくりを考える会」によって発足した「御田植神事保存研究会」によって受け継がれており、僭越ながら当編集部も全面協力させて頂いております。
そして今年は何と!編集部STAFFであるワタクシ熊谷もこの伝統ある神事に参加させて頂く事になりました!(ありがたや、ありがたや・・・)
私の役どころは「鋤持ち」。牛が曳く「鋤」を持ち、舞台を他の演者とともに練り歩く役であります。
一見、ただ「鋤」を持っているだけで簡単そうに思えたのですが意外や意外!
これが大変!その姿勢を保つのが至難のワザでして・・・。
しゃがむでもなく、立つでもない、その微妙な姿勢がワタクシの腰をイジメるのであります。
ワタクシの身長は176cm、今までで最も背の高い「鋤持ち」だそうで、また衣装である地下足袋もサイズが小さすぎて入らない!(トホホ・・・新たに購入して頂きました・・・すみません)
兎にも角にも、本番目前!平野の皆様、どうぞお時間がありましたら是非、杭全神社へお越し下さいませ!!

杭全神社
6791-0208
平野宮町2-1-67
http://www.kumata.jp/
   1年ぶりとなるシテ役の大谷。2年目という事もあり、中々堂に入っております。

固唾を飲んでじっと見守る保存会のメンバー達。
  一先ず、通し稽古を終えホッ・・・。「本番当日は頑張るぞ!」

杭全神社のある場所に咲く桜。ライトアップされ美しい・・・。“美しい”ってのは儚いねぇ・・・。(ボソッ)

<戻るトップページ