平成22年度 MOA美術館
平野区児童作品展・授賞式
MOA美術館



授 賞 式
実行委員長の井上隆さん
雪本平野区長もプレゼンターとして登壇
今年で6回目の巻賞授与に
「えっ、もうそんなになるんだっけ?」と編集長の大谷。
10月31日(日)平野区民センターにて「平成22年度 MOA美術館 平野区児童作品展&同授賞式」が開催されました。
区内全小学校の協力のもと、ホール全体に展示された作品の出展総数は総計3144点(絵画部門2084点、書写部門1060点)!
応募作品の全てが展示されていることもあり、会場内は多くの家族連れで賑わっておりました。
大賞となる「MOA美術館奨励賞」に選ばれた絵画部門、書写部門の各2作品は全国展へ出品、熱海のMOA美術館に展示されるとか。
数年前には全国展へ出品され、全国No.1となる「文部科学大臣奨励賞」を受賞したこともありました。
今回の作品達も全国展で“平野代表”として健闘してくれるハズ!!

さて、今年も(手前味噌ですんません!)ひらのの巻賞を設置させて頂いたっちゅうワケで編集長 大谷が「巻賞」受賞のプレゼンターとして登壇。
「巻賞」には絵画部門から「窓から見た風景」を鮮やかな色使いで描いた加美南部小5年の太山雄貴くん、書写部門からは「夏祭」を力強く書ききった平野小6年の森鈴さんにさせていただきました。
さぁ、来年はどんな作品達に出会えるんだろう、楽しみだねっ♪


『平成22年度 MOA美術館 平野区児童作品展』入賞作品のご紹介>

<戻るトップページ