ひらのの巻10・11月号で紹介した
喜連幼稚園の作品展に行ってきました!

2003/11/1516

まず、園庭には実際に遊べる作品がありました。

 ペットボトルに色付けして新聞で輪投げの輪が作られていました。

 おじいちゃん、おばあちゃんが来ても大丈夫。ゲートボールコーナーだってあります。

わなげコーナー
げーとぼーるコーナー
さかなつりコーナー
とどれも子供たちが楽しそうに遊んでいました。


 さまざまな素材を子供たちの体験、経験により連帯感の中で自己主張しながら作り上げたと言われるだけありとても一体感のある作品の数々でした。
たくさんの作品を紹介しましたがまだ紹介しきれていない作品もたくさんあります。
製作中の子供たちの真剣な顔、そして出来上がった時の達成感に満ちた顔、自分たちで作った作品に触れて遊ぶ楽しい顔、どの顔も想像できそうな作品展でした。

これからもずっと、もっと物を大切にする子供に・・・・。
想像力豊かな子供に・・・・。
そんな子供の育成を応援しています。
ひらのの巻 編集部
『ひらのの.com』&『ひらのの巻』では、平野区で活動する
子ども達を応援すると共に、より多くの平野区にお住まいの
方々にお伝えしたいと思っております。
「こんな活動をしています」という事などがありましたら、
スポーツ、文化、ジャンルは問いません。
こちらの方までメールでお知らせください。

maki@hiranono.com  『ひらのの巻』


<戻るトップページ